悪い習慣をやめる

同じ年齢でも見た目に大きな差が出てしまうことがあります。

 

その違いは、もしかしたら友達の数と関係しているのかもしれません

毎日忙しく動き回っている位の方が若さを保てるものです。

 

大勢の仲間と楽しく語らい、

笑うことで生活に張りが出て表情も明るく

ハツラツとした毎日を送ることができれば、

年齢を重ねても若く元気な印象をもたれます。

 

さらに、笑うことには身体の免疫力を高める作用があります。

 

身体が弱っているのに若々しいということはありませんので、

若さを保つためには内側のケアも大切です。

 

逆に話し相手もおらず、

家に引きこもりがちになり一日中誰とも口をきかない、

といった生活を続けていれば笑うことはおろか、

表情すら失ってしまうかもしれません。インターネットが普及して、

何もかもがバーチャルでできてしまうことも人と

出会うチャンスをなくしている原因かもしれません。

 

ネットで大勢の知り合いがいたとしても、

実際に会うことのない人たちなのです。

 

コンピューターの前で一日を過ごす悪い習慣をやめ、

何事にも積極的に活動してみることです。

 

服装やメイクだけが見た目年齢を決めるわけではありません。

 

現実の世界で話し、笑いあうことで身体も見た目も若返るでしょう。

コメントは受け付けていません。